1,000ポイントが必ずもらえる! Amazonのお得な買い方

[Pico Cube H300レビュー]300ANSIルーメンは明るい!手のひらサイズプロジェクター

[Pico Cube H300レビュー]300ANSIルーメンは明るい!手のひらサイズプロジェクター

Saha
Saha

小型プロジェクターって種類がたくさんありますよね!

以前[おすすめ小型プロジェクター4選]という記事でいろいろプロジェクター検討したことあるんですが、明るさで200ANSIルーメンを超えているものってなかなかないんですよ!

Saha
Saha

今回「Pico Cube H300」というコンパクトで300ANSIルーメンという明るさを持つ、性能バランスのよいプロジェクターをお借りすることができたので詳細にレビューしたいと思います。

Saha
Saha

果たしてどれぐらい明るいのか? 他製品と比較しつつ正直にお伝えしていこうと思います!それでは早速いってみましょー!

\明るい場所でも映像を楽しめる/

Pico Cube H300を実際に使用して感じた感想・レビュー

高品質で機能バランスのよいプロジェクター

手のひらサイズ・300ANSIルーメンで明るい・自動台形補正・スピーカーの音もよくとてもバランスのよいプロジェクターです。

「フォーカスの調整」も左側面のダイヤルで簡単にでき、300ANSIルーメンで小型プロジェクターの中でも明るい方なので、明るい部屋で観ることができるんです!スピーカーの音もよく映画鑑賞にもばっちりです。

プロダクトデザインはマットな質感で
シルバーのアクセントがありかっこよい
全体の質感がぜんぜん安っぽくなく、
高品質でしっかりしている印象
HDMIケーブルもちゃんと付いています
(マニュアル下)
上面
背面
左側面:USBが背面と合わせて2つ
Micro SDも使え拡張性がとてもよい

画質も問題なし!解像度が低いけど細かい文字もぎりぎり読めるのでビジネス用途にも活用できそう!

Pico Cube H300のメニュー機能紹介

Saha
Saha

簡単にメインメニューを紹介いたします!

1. Youtube

2. Aptoide TV

Aptoide TVという独自のアプリストア。Android用とAndroid TV用のアプリをダウンロードできる

3. NETFLIX

4. Wi-Fi

Wi-Fiの設定ができる

5. Explorer

内部および外部ストレージからファイルを検索することができる。実は本体に16GBのストレージがあるのが嬉しい

6. BT

Bluetoothの設定ができる

7. Settings

プロジェクターの様々な機能を設定できる

8. HDMI

PCやゲーム機をHDMIで接続できる

9. EShare

Android、Windowsを無線でミラーリングできる

10. IOS Mirror

MacやiPhoneを無線でミラーリングできる

11. APPS

Aptoide TVでダウンロードしたアプリが格納されている。実はここにGoogle Play ストアがありもちろんこちらからもアプリをダウンロードできます!

12. WPS Projector

USB、MicroSDカードに保存したパワーポイントやPDFファイルを操作できる

\明るい場所でも映像を楽しめる/

Pico Cube H300のメリット・デメリット

Pico Cube H300とNebula Capsule IIの比較

メリット・デメリットをより明確にするために、僕が持っているNebula Capsule IIと比較しつつご紹介していきます!

左:Pico Cube H300 右:Nebula Capsule II
Pico Cube H300はちょうど350ml缶ぐらいのサイズ
サイズはPico Cube H300が一回り小さい
Pico Cube H300 Nebula Capsule II
52,000円 59,800円
約136 x 65 x 60mm 約150 x 80 x 80mm
約510g 約740g
7,000mAh 9,700mAh
動画再生時間:2時間 動画再生時間:3時間
300ANSIルーメン 200ANSIルーメン
解像度 854 x 480 解像度 1280 x 720
Saha
Saha

では気になる明るさと画質を比較していきましょう!

右:Pico Cube H300

明るい部屋での比較。右のPico Cube H300の方がかなり明るいことが分かります!明るい部屋で使えるのは大きなポイントですね!

※30インチ程度の画面の大きさに限る

次は暗い部屋での比較です。やはりPico Cube H300のほうが明るい!拡大してみるとさすがに解像度の高いNebula Capsule IIの方が文字は綺麗に表示されています。

上記画像はかなり小さい文字なので、通常の映画字幕であれば問題なくPico Cube H300でも綺麗に観ることができますよ!

Pico Cube H300のメリットまとめ
  • 画質も問題なく綺麗に観れる
  • 明るい部屋でも使える
  • 自動台形補正がGOOD
  • スピーカーの音がよい
Pico Cube H300のデメリットまとめ
  • マウス必須 操作性が残念!

マウス必須 操作性が残念!

結構残念なポイントですが、付属のリモコンだけでは操作できない場面があるので、マウスを接続しての操作は必須になります。

例えばWi-Fiの設定画面。パスワード入力は「リモコンのカーソル」でできますが、なぜか最後の実行ボタンが押せない。。。。
そして上記「接続」もリモコンカーソル操作では押せないので「接続」を押すためにマウスを接続して操作しなくてはいけません。。。

※マウスはBluetoothでもUSB有線接続でもどちらでも接続可能

\明るい場所でも映像を楽しめる/

公式製品「自立式50インチスクリーン」を使ってみた

プロジェクターを持っているほとんどの人がきっと部屋の白壁を使って映像を楽しんでいると思います。
ちゃんとしたスクリーンを使用したらどれぐらい「映像の綺麗さ」に差がでるのか気になりませんか?

そこで今回は「Pico Cube H300」を出しているフェリクロスさんの公式スクリーンを試してみたいと思います!

完全自立型の50インチスクリーンです
本体の大きさはクイックルワイパーぐらい
肩掛けできる専用のケースも付いています
使い方は超簡単! センターにあるレバーをOPENの方に倒して
下の取手を持って下にゆっくりひっぱります
ひっぱりきったらもう完成です
裏面の骨組みが非常によくできていて、
任意の場所でピタッと止まってくれます

スクリーンありなしの比較です。スクリーンありの方が色の発色もよく断然綺麗です。やはり「部屋の白壁」と「スクリーン」では表面の凸凹の細かさがぜんぜん違いますね!

「スクリーンあり」の方は細かい部分もしっかり表示されていることが分かります

50インチスクリーンの注意点

 

 

サイズは50インチなので、会議室の大きなスクリーンを想像しないように、サイズ感に注意しよう!

 


自立するための足は両端にしか付いていません。

 


つまりこのようにセンターのみに台を置いて高さを調節しようとすると安定しないのでご注意ください。

\精細な公式スクリーン購入はこちら/

フェリクロス直営
オンラインショップはこちら

おすすめ小型プロジェクターの比較

小型プロジェクターは他にもさまざまな「サイズ」「機能」が違うものがあります。自分の用途に合わせて最適な1台を選んでくださいね!

「小型プロジェクター」まとめた記事はこちら

[おすすめ小型プロジェクター4選]用途別選び方完全ガイド[おすすめ小型プロジェクター4選]用途別選び方完全ガイド
Saha
Saha

おわりに

どんどん小型で高品質なプロジクターが出てきますね!ぜひ自分に合った最高の1台を見つけてみてください〜

大好きな映画をプロジェクターで観るのは本当に最高ですよ!

以上!さはログのSahaでした。

\明るい場所でも映像を楽しめる/

Nebula Capsule II

\レビュー記事はこちら/

[Nebula Capsule II レビュー]ベストバイAnkerモバイルプロジェクター[Nebula Capsule II レビュー]ベストバイAnkerモバイルプロジェクター